管理施設で楽しめるバーベキューについて

多摩川でバーベキュー

バーベキューは管理施設で楽しむ事で後片付けなどをせずに自然の中での食事を楽しむことが出来ます。管理施設と言うのは、バーベキューに必要となる道具を一式貸し出しをしてくれる所で、食材や飲み物、紙皿や紙コップ、お箸などを持参すれば後は全て管理施設が貸してくれるサービスを行っています。

尚、バーベキューは木炭を利用する方法やガスやホワイトガソリンコンロを利用する方法などが有りますが、管理施設で行われるのは木炭を利用して火をおこし、野菜や肉、魚介類などを鉄板や網の上で焼いて食べるスタイルが一般的です。しかしながら、初めての人にとって木炭を利用して火をおこすのは容易ではありません。そこで管理施設では火のおこし方などを教えてくれるケースが多いのが特徴です。

また、木炭は管理施設で購入をし、指定のエリアでバーベキューを楽しむのが特徴で、事前に予約をしておく必要が有ります。特に春から夏、秋にかけては行楽のシーズンになりますので、場所によっては大勢の人が訪れることになります。それ故に事前予約が必要であり、人気のスポットなどの場合は数か月前からの予約が必要なケースも有ります。

車などを利用してバーベキューを楽しむ場合などでは、食材を途中で仕入する事が必要になりますので、予め食材を購入できる場所を探しておくか、自宅近くのスーパーなどで食材を購入し、肉や魚などはアイスボックスの中に保管をして管理施設に向かうという形になります。

新木場公園でバーベキューするならこちらのサイトを見てからにしましょう。